第5話:「暗記はだめだ!」は本当か?

世間一般的には
「暗記」というのは
「詰め込み教育」と言われ
とにかく批判されています。

しかし 僕に語学を教えてくれた
7ヶ国語話者の方は
単語の発音と意味を
丸暗記するよう言いました。

僕も実際に丸暗記したところ
英語に対する理解力が
急激に上がりました。

なぜ 丸暗記で
英語に対する理解力が
急激に上がったのか、
この謎に対する僕の仮説があります。

エドリアーン・グルートという
オランダの心理学者は、
1流と2流のチェス選手を
比較研究しました。

しかし 1流と2流では
読んでいる手数は同じでした。

むしろ1流のチェス競技者は
深く考えてもいませんでした。

チェスの研究者は
次のことを発見しました。

それは 1流と2流では
チェスの知識に10倍の差が
あるということです。

東大医学部卒で精神科医の
和田秀樹博士は
「数学は暗記だ!」という
本を出しています。

つまり頭を使うと思われている
チェスや数学ですら
知識や暗記が重要かもしれない、
ということです。

さて 英語に関して言えば
リスニング能力は
英語の周波数帯を聞き取れるかだと
いう人もいます。

これははっきり言って
関係ないですね。

試しに聴覚検査などで
英語の周波数帯の音を
聞いてみればわかりますが
誰でもはっきり聞き取れます。

アメリカ人は
コウモリでもなければ
イルカでもないですよね。

聞こえてもわからないのであれば
単に知らないだけではないのでしょうか。

確かに簡単な単語だけの表現でも
理解できないことはあります。

こういった場合は 単語の発音や
リンキング(1)リンキング:単語の音がつながること、リダクション(2)リダクション:単語がつながり一部の音が消えること
または慣用的な表現(3)「慣用的な表現」には「文化」も含みます。アメリカ英語は特に皮肉の文化ですので、言いたいことと逆のことをよく言います。これは英語ドラマで慣れた方がよいです。を知らないだけ、
というパターンが多いです。

これらも結局は
知識として知っていれば
聞き取れるようになります。(4)「英語の発音パーフェクト学習事典」や「American Accent Training」という書籍で全パターンのリンキング、リダクションを知ることができます。また、慣用表現は様々な書籍で知ることができますし、英語ドラマでたくさん知ることができます。単語の発音のマテリアルについては後述します。しかしながら、リンキングもリダクションも結局は「”単語”のつながり」ですし、慣用表現も「”単語”のあつまり」です。結局 単語の知識が全ての基礎になります。

これは僕の仮説ですが
日本では学校教育への反感からか
知識や暗記が過小評価されて
いるように思います。

しかし 結局は 真面目に勉強して
単語や表現の知識を覚えることで
着実に英語が理解できるように
なると思います。

…..

さて 次は「多言語話者が
『語学の神様』と呼ぶ先生の教え」について
お話しいたします。

脚注、引用・参照文献   [ + ]

1. リンキング:単語の音がつながること
2. リダクション:単語がつながり一部の音が消えること
3. 「慣用的な表現」には「文化」も含みます。アメリカ英語は特に皮肉の文化ですので、言いたいことと逆のことをよく言います。これは英語ドラマで慣れた方がよいです。
4. 「英語の発音パーフェクト学習事典」や「American Accent Training」という書籍で全パターンのリンキング、リダクションを知ることができます。また、慣用表現は様々な書籍で知ることができますし、英語ドラマでたくさん知ることができます。単語の発音のマテリアルについては後述します。しかしながら、リンキングもリダクションも結局は「”単語”のつながり」ですし、慣用表現も「”単語”のあつまり」です。結局 単語の知識が全ての基礎になります。