ご利用者様の声

ご利用者様の声は結果を保証するものではなく、
効果には個人差がございます。

半年でTOEICが670⇒880

まずは今までのお礼の気持ちを
お伝えしたいと思います。貴社のサービスには
大変お世話になり誠にありがとうございました。おかげさまで、半年でTOEICのスコアを
670から880まで上げることができました。
ボキャビルダーは英単語の学習では
どの学習方法よりも優れていると思います。英単語を覚えるためには、
繰り返しその単語に触れる必要がありますが、
ボキャビルダーはではそれに加えランダムで表示され
覚えた単語は表示されないという大変効率的でかつ確実に覚えられます。また、目、耳、口を使い覚えることで、
リーディング、リスニング、スピーキングが
同時に鍛えられ非常に効率がいいです。私はボキャビルダーで学習していた中で、
英文や英会話に触れると
日に日に英語が上達するのが実感できました。
特に英単語の学習は単純で
地道にコツコツと学習しなければならず、
また、成果の確認がしずらいため、挫折しやすいですが
ボキャビルダーはそういった努力に確実にこたえてくれます。ご説明されているように、英語の学習で単語が
わからないとそこでつまずいてしまい
中々思うように先に進みません。最悪の場合はそこで断念してしまいます。そういった訳で、私は人に英語の学習方法を尋ねられると、
まずは英単語を覚えることをお勧めしています。そしてその方法はボキャビルダーを
お勧めさせていただいてます(笑)最後に一般的な広告の体験談になってしまいますが、
ボキャビルダーに出会わなければ、
ここまで英語が上達したとは思えません。
本当にありがとうございました。

神奈川県 会社員 藤井宗広 様

TOEIC875点。米生活で役立つ。

私がボキャビルダーをはじめたきっかけは、主人の海外転勤でした。私はただの主婦で、学生時代から特に英語が得意というわけでもなく、洋楽や洋画が好きというわけでもない、普通の学生で、英語に触れる機会も日本人の平均だったと思います。アメリカに住むことになり、これをきっかけに英語が話せるようになればかっこいいな、とやや不純な動機で英語の勉強を始めました。まずは、オンライン英会話と市販の英単語の本を買って勉強を始めました。オンライン英会話の教材に出てくる単語や単語帳に出てくる単語をノートに書き、毎日復習しようとがんばっていましたが、出てくる新単語が多く、さらに毎日全ての単語を復習するのはとても無理でした。一応、買った単語の本は3回やったのですが、効果は高くなく、テレビや新聞に出てくる英語、また、店員さんの言葉がわかりやすくなった、とは到底言えませんでした。
そんなとき、主人が友人から聞いて始めていたボキャビルダーを私もやってみようと思いました。始めは簡単な単語が多く、時間もかからずに一日のノルマを達成していました。ところが、途中から知らない単語が増え、枚数がどんどん上がっていき、一時期、英和が150枚以上になったりしていました。さすがにこれは厳しい、と思い、新単語数をへらしたり、しばらく新単語を0枚にするなどして調節していました。毎日やらないと次の日がもっと大変になる、という強迫観念にかられ、飽き性の私でもほぼ、毎日続けることができました。さらに、まだ1歳だった息子が寝ている早朝が、一番集中でき、時間も取りやすいとわかり、それが習慣づくとボキャビルダーをやることが苦にならなくなりました。
ボキャビルダーを初めて。半年ほどたってから、変化が見え始めました。現地で購読していた新聞が以前よりも早く読めるようになりました。驚くことに、ボキャビルダーに出てくる単語は新聞にとてもよく出てきていました。本当にびっくりしました。「この単語、ボキャビルダーにでてきたけど、なんだったかな?」と忘れていた単語も新聞を読むことで覚えなおし、定着していきました。さらに、新聞に出てくることで、その単語の使われ方もわかっていきました。ほかにも、道路標識や町中にある看板などでも、ボキャビルダーに出てくる単語がちりばめられていました。ボキャビルダーをやっていなければ、この看板の意味は分からなかったな、という場面に何度も出くわしました。ボキャビルダーの単語はとても実用的で海外で生活するにあたり、必要なものを厳選してあると痛感しました。もう一つボキャビルダーの特徴として、単語を発音してくれるということです。発音を毎日聞いたり、練習することで、耳がその単語を覚えていました。その結果、ニュースで話される単語が聞けるようになってきました。字幕の出ないニュースにもかかわらず、耳で単語が拾えるようになったので、ニュースキャスターが何を言っているのかがわかるようになりました。ボキャビルダーは単語の暗記だけでなく、聞き取りにもとても重要な役割を担っていると感じました。
アメリカには4年住んでいましたが、その間、ずっとボキャビルダーを続けていました。その上で、テレビ、新聞を通してさらに英語の勉強をしていました。アメリカに住んでみて、確かに、話すためにはそんなに単語数は必要ないのかもしれないとおもいましたが、相手が何を言っているのかを理解するためには、知っている単語数を増やさないと無理だ、ということがわかりました。さらに、単語を覚えるには一朝一夕では無理で、地道に毎日やり続けるしかないとわかりました。しかし、この努力は必ず報われ、自分の身にスキルとして備わります。試しに、日本に帰国後、初めてTOEICを受けてみました。模擬試験を2回自宅で練習しただけでしたが、875点をとることができました。ボキャビルダーがなければ、TOEICに出てくる単語を理解することはできなかったでしょう。ボキャビルダーは英語の基礎として、英語を学習しようと思っている方、特に、仕事で海外に行かれる方や海外留学を考えている方にはぜひ、おすすめしたいと思っています。友達に英語学習方法を聞かれた時には必ず、ボキャビルダーをお勧めしています。ボキャビルダーは本当に実用的で、私も身をもって体験しました。努力は必要ですが、結果は後から必ずついていきます。私は帰国後もボキャビルダーを続けています。今は、海外のニュースなどをウェブサイトで読みながら英語を身近に感じています。主人も私もよっぽどのことがないかぎり、この先もボキャビルダーを続けていくと思います。

滋賀県 主婦 鈴木里奈 様

TOEIC870点。米生活で役立つ。

元々それ程海外志向はそれほど高くてはなかったのですが、会社から海外駐在を言われるようになり、英語の勉強をスタートしました。赴任前1年の勉強でTOEICは700点を獲得、それなりの準備はしたつもりでした。
しかし、駐在生活はスタートからつまづきました。初めて事務所に行った時、ジェネラルマネージャーが私と面接してくれたのですが、話すのが早くてほぼ聞き取れない。ある程度覚悟はしていたものの、ショックでした。お店で店員に質問するのも億劫、電話に至っては取りたくもない、自分の意見を会社でも言えず自己嫌悪。日本での準備は通用しませんでした。
1年経った頃には自分の言いたいことをそれなりには表現できるようになってきました。でも、どうしても聞き取りができない、文章を読むのに時間がかかってしまう。何かが足りないという状況でした。
そこで友人から紹介されて始めたのがボキャビルダーでした。シンプルな仕組みによる毎日の積み重ねで、少しづつ単語が自分の脳内に蓄積されて行きました。最初の5,000語は集中して終わらせ、その後は毎日20〜30枚の積み重ねです。7,000〜8,000語くらいに到達した頃でしょうか、自分の変化を実感し始めます。通勤の車で流していたラジオニュースの中身がなんとなくわかり始め、新聞に自分がマスターした単語が頻出していることに気づきます。少しづつ余裕が生まれ、憶えた単語や表現を試してみました。マネージャーに急ぎの仕事を頼まれた時、’I’m on it!’ と答えると、彼がニヤリとしてくれて、素直に楽しかったのを覚えています。
10,000語を超えるとかなり難しくなってきます。あまり負担にならないように、毎日5-10枚としてじっくり取り組んでいます。4年の駐在を終り、帰国して1年になりますが今も取り組みを続け、今年中には12,000語を終えるでしょう。ちなみに私は長期出張時はやらないようにしています。疲れた頭で覚えようとしてもストレスを感じるだけです。毎朝5時前に起床し、朝食前にノルマを終わらせるようにし、日常生活の中にボキャビルダーを組み入れることでストレスがかからないようにしています。
帰国後受けたTOEICは870点でした。

1fb159e2c5dd0ff208378b7f7a3f1fd249308112

リスニングでわからない単語は基本的には出てきません。しかし900点が取れないのは、文章を読むスピードがまだ足りないのでしょう。また4年暮らしたとは言え、米国人が本気の雑談をしているときは、まだまだ100%理解できるとはいきません。言語の学習には終わりがないということなのだと思います。しかし私は、他国の人たちとコミュニケーションを取って仕事を進めて行くことの楽しさを、そしてそのためにコツコツ努力を積み重ねることの大事さを学びました。12,000語が終われば2週目を続けるつもりで、これらもボキャビルダーは私の英語学習の中心です。
語学学習のベースは、単語力と習慣作りだと思います。本気で英語が必要な方に、この両方が身につくボキャビルダーを推薦します。

滋賀県 会社員 鈴木良平 様

TOEIC815点へ。海外で役立つ。

1.海外(アジア)で働き始めた(当時28歳)と同時に、オンライン英会話を始めて1年半位経った頃に、ボキャビルダーに出会いました。それまで海外の大学に留学したこともなければ、海外在住経験もなく、英語を本格的に勉強したこともなかったです。実務上どうしてもヒアリング、リスニング能力を上げる必要に迫られたので、オンライン英会話をそれこそ毎日365日やっていった結果、外国人と仕事で意思疎通できる程度にはなりました。

でも語彙力がないことがネックでした。例えば、時間厳守は英語でpunctualityですが、当時の私はon timeとかstrictly about timeなどとしか表現できず、部下との電話や、顧客との商談、日常会話で言いたいことが、英語で表現できないことがストレスでした。

とはいえ当時は聞く、話す能力を磨くことに集中していたので、「いつか語彙力をつけよう」とは思いつつ、時間が過ぎていきました。更に私の場合英単語を覚えるのは、大学入学試験の時に単語帳「ターゲット」以来で、まともにやっても続けられる気がなかったので、どうにかラクして笑覚える方法がないかと、ネットでしばらく探していました。

2.どうやってボキャビルダーのことを知りましたか?
「りゅうじん」さんのブログがきっかけでした。同じ「海外在住」ということで何かのきっかけで読み始め、下記の記事でボキャビルダーの存在を知りました。

https://www.smile-ryuji.com/vocabuilder.html

りゅうじんさんの記事を読み、「ラクして単語を効率よく覚える方法がないか?」と探していた私にとってはコレだ!と直感しました。笑
私の場合「マイペース」で続けるのは多少自信があったので、これだったら続けられそうだなと思ったのです。

3.ボキャビルダーで何を学び、何を得ましたか?
語彙力を増やすためのコツ、良い習慣の身につけ方、外国語を学ぶことの意義など多くを学ばせてもらっています。おかげさまで語彙力としては、1年と少しで6,000〜7,000語まで到達しました。

まだまだ圧倒的に語彙力が足りずスピードも亀の歩みですが、語彙力の基礎はこの1年で築けたのと、この1年で「ほぼほぼ」休まず続けてきたこと自体が自信になっています。

語彙力が上がった実感としては、日本人含めたノンネイティブの外国人(特にアジア人)とのメールやメッセージのやりとり、TOEIC試験、タイでの日常生活で9割方の単語が分かるようになりました。

会話にも困らなくなったと言いたいところですが、そこは本っ当にまだまだで、覚えている語彙数と話す際に使う語彙数には、大きな隔たりがあると痛感しているので、リーディングやライティングも今後日常的にやっていこうと思います。ここまで続けられてこれたのも、単語カードをめくる度にでてくる励ましのメッセージや、私の泣き言のような質問にも、素早いアドバイスで返信して頂ける運営の方達のおかげです。

4.具体的にどういう結果が出ましたか?
先日受けたTOEICで815点(タイで受けました)を取得しました。ちなみに6,7年前に受けた時は600点位でした。当面の目標はTOEICで930点以上を取得すること、語彙力を12,000まで到達させること、洋書を毎月読むことです。

IMG_0114

また私は海外ドラマSuitsが大好きで、毎週同じエピソードを見て、出てきた言い回しや単語を覚えているのですが、早く字幕なしでSuitsを見たいです。ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします。

バンコク タイ 会社員 富田博之 様

アメリカで活躍 TOEICも630⇒800へ

「海外で人のために役立つ仕事をしたい」という子供の頃からの目標を達成するため、入社してから海外赴任の枠を勝ち取ることを目標に仕事をしてきました。そして、入社9年目で海外赴任が決定。ここまでは、順調だったのですが…

アメリカ赴任を命じられた後、いろいろな英語教材を使い、英語学習に力を入れましたが、TOEICは630点で頭打ち。そして、英語がろくに話せないままアメリカへ来ました。「仕事の流れは掴んでいるし、まぁ大丈夫だろう」という甘い考えが仇に。

アメリカで生活を始めてから、英語を聞いたり、話したりする機会が増え、少しずつ英会話力は上達したものの、半年ぐらいで語彙の壁にぶつかりました。相手の話している英語がちょっと難しくなっただけで理解できない、また自分が話す英語に簡単な英単語しか使えず、ビジネスする上で英語に対して、かなりコンプレックスをもつようになっていました。

このような悩みの中、英語学習教材を探していた時に出会ったのが「ボキャビルダー」でした。「ボキャビルダー」のホームページの記事を読み進めるにつれて、開発者である中村さんの熱い思いが伝わってきて、「この教材なら英語を習得できるはずだ。本気で英会話を習得してやる!」と燃え上がりました。

「ボキャビルダー」を始め、「英語を習得してやる!」という熱い思いはあったものの、「継続できるのか?」という不安がありました。今までいろいろな英語教材を試し、成果がでていませんでしたので。

しかし、この不安はすぐに消え去りました。「何も考えずに表示される単語を、発音しながらテンポよくめくっていく学習法」に、まったくストレスを感じず、難なく続けることができました。

また学習し始めて1ヶ月は、「果たして本当に英語を習得できるのか?」という疑問もありました。しかし、この疑問も学習を初め、1ヶ月後にはなくなりました。

1ヶ月程継続すると、日常の会話やテレビを見ている中で、「あっ、この単語、「ボキャビルダー」で覚えたものだ」と語彙力の向上を実感し始めました。この実感によってボキャビルダーでの学習が楽しくなり、毎日継続する。継続している間に、いつの間にか正しい発音が身についており、自分の言っている英語が相手に正しく伝わり、相手の言っていることもかなり正確に分かるようになっていきました。こうなると、また学習が楽しくなりと、いい循環が生まれました

今でも「ボキャビルダー」を継続していますが、いろいろな成果が出始めています。

一番大きい成果は、アメリカで数千万円の売り上げにつながるプロジェクトを成功できたことです。

私の仕事は商品開発。商品を開発し、売り上げにつなげるためには、消費者やバイヤーのニーズを知り、商品を開発する。そして、営業担当者にその商品の特長を正確に伝えて、一緒に推進する必要があります。アメリカでのプロジェクトなので当然ですが、この過程をすべて英語で進行させる必要があるわけです。

「ボキャビルダー」で、英語力を向上できたおかげで、プロジェクトを進行させる上での英語でのコミュニケーション、具体的には英会話を初め、日常読む必要がある英語の書類、英文メールのやり取りが、かなりスムーズになりました。書類の読解、英文メールのやり取りは、時間にすると赴任時の半分以下の時間で処理できるようになりました

また、プロジェクトを進めるためには、英語でのプレゼンも必要です。

英語を使った「プレゼンをするだけ」であれば、しっかり資料を作りこみ、準備を入念に行えば、英会話力がそんなに高くなくてもできるんです。ここで使った「プレゼンをするだけ」という表現は、「一方通行のプレゼン」ということを意味します。この一方通行のプレゼンは、英語の発音が悪いことが原因で、「言うことが相手に伝わらない」「相手の質問が理解できず、議論できない」ということになりやすく、ビジネスする上で、ほとんど意味がないんです。

赴任して2ヶ月後の私のプレゼンは、まさにこのような意味のないものでした。

しかし、「ボキャビルダー」を1年間継続した後の私のプレゼンは変わりました。具体的な変化の内容ですが、アメリカ人スタッフ相手にプレゼンを行い、プロジェクトの達成目標、計画を伝えたあと、スタッフから出る意見、質問を聞き議論する。そして、議論しながら目標、計画を練り直し、最終的に現場のニーズを反映したものを作成できるようになったのです。

「ボキャビルダー」で向上させた英語力を活かし、このように仕事を進めてきましたが、アメリカに来て開発した商品が、嬉しいことに昨年からアメリカに浸透し始めました。来年の売り上げは、なんと数千万円をも見込んでいます!

他の成果としては、TOEICで800点を取ったことです。

仕事の中で英語が使えるようになったので、TOEICの点数は別に気にならなくなっていました。しかし、英語力は客観的に計りづらいので、英語力の評価基準としてTOEICの点数を重視する会社は多いです。うちの会社も例に漏れず、TOEICで800点取ると、私の英語力を評価してくれるようになりました。国際学会に優先的に参加させてもらえるようになりましたし、海外出張の提案もスムーズに承認されるようになりました。「ボキャビルダー」を継続し、1年以内に900点を超えることが次の目標です。

最後に大げさな話ではなく、「ボキャビルダー」は、日本の学校の英語教育に取り入れるべきだと思います。そうすることで、日本人の「実際に現場で使える」英語力が向上し、世界で戦える人材がもっと育つと思います。また私のように海外に来て、英語で苦労する人も少なくなるでしょう。

私は自分の英語力をさらに向上させるために、「ボキャビルダー」を今も継続しています。「ボキャビルダー」で英語力を向上させて、皆さんにも是非、見える世界を変えて欲しいです。「英語を習得すると見える世界が変わる」というのは事実です。

アメリカ在住 会社員 池末龍児 様

TOEIC200点UP相当に

こんにちは。
今回は質問じゃありませんが・・

先日、発音暗記の総プレイ数がカンストしました。

正確にはまだ完全に覚えていないものが
800ほどありますが。

英和暗記は総プレイ数が5700語くらいになりました。
もとが酷すぎたのもあるのですが(笑)
最近は仕事で回ってくる文書でも
意味の分からない単語が随分減りました。

発音暗記がカンストしたお陰か、
見たことの無い&発音できない単語は殆どありません。

この間半年ぶりにCASECを受験してみたところ、
720点(TOEIC目安760点)をマークしました。

半年前、ボキャビルダーを始める少し前の得点が
609点(TOEIC目安560点)で、
この半年やっていたのはほぼボキャビルダーのみです。

正直感動しました!どんな単語帳でも
即効性のある睡眠薬でしか無かった(笑)のに、
半年も続けられていること自体が、
私にとっては奇跡です。

本当にありがとうございます。

この調子だと、英和暗記が完了するのは
まだ1年近くかかりそうですが、
このまま地道に続けたいと思います。

マレーシア 窪内里江 様 (始めて約6ヶ月)