開発チームとストーリー

中村彩香

神田外語大学外国語学部国際コミュニケーション学科卒業
大学卒業後は5年間Javaプログラマーとして働きました。

こちらの単語カードの大部分を開発しました。

中村哲也

専修大学ネットワーク情報学部ネットワーク情報学科卒業
ACM/ICPC国際プログラミングコンテストアジア地区台北大会7位入賞

こちらの単語カードを使い
1日1時間半7ヶ月で語彙を12000にしました。

中村哲也の開発ストーリー

私は、大学受験では英語で失敗し
プログラミングの国際大会では
英語で足を引っ張られました。

そして、起業してからは
英語圏から情報を仕入れるコンサルタントに
毎年何十万というお金を支払うようになりました。

周りを見渡せば
英語ができるかどうかで
起業家の年収が一桁違います。

「英語ができるようになって
ビジネスでもっと活躍したい」

そういった気持ちで
25歳から本格的に英語学習を始めました。

最初、私は、

  • 英語は英語だけで学べ
  • 英語は翻訳するな
  • 日本語を見てはいけない

以上のようなコンセプトを信じました。

そして、日本語を一切見ずに
英語だけで本を読んだり、
英語だけでドラマや映画を観たのですが
意味が分からなくて眠くなるだけでした。

そして、英語は全然上達しません。

このように英語学習に行き詰っているときに
7ヶ国語を話す日系アメリカ人の方と出会いました。

この方は、母語と外国語を対にして
外国語をマスターしていました。

これまで、「単語は対にして覚えるな」と聞いていたのに
それとは真逆の方法だったのです。

そして、多言語話者達の著書をよく調べてみれば
彼らは古典的な単語カードを使い
母語と外国語を対にして外国語を覚えている方が
沢山いました。

そして私は、
できるだけ楽して素早く英単語を暗記できる
理想的な単語カードを探しました。

様々なプログラムを買ったのですが
納得できるものがありませんでした。

忘却曲線に沿って復習できなかったり
そもそも日本語訳が間違っていました。

また、動作が遅かったり
操作が面倒でイライラしました。

語源や発音記号が載っていなかったり
和訳の意味や発音がイギリス英語でした。

納得のいくプログラムが無いため
僕は現在の妻で当時彼女の彩香さんと、
納得のできる単語カードを開発しました。

そして、4ヶ月間
私は朝起きたらまず
この単語カードをしました。

毎朝、100単語覚えました。

眠くてもやる気が無くても
その日やる分のカードは
何が何でも終わらせました。

そして、単語カードを4ヶ月続けて
語彙を測定すると12000になっていました。

その後、3ヶ月間は
覚えた単語の復習をしました。

しかしこの3ヶ月間は
新しい単語を覚える必要がないので楽でした。

語彙が3600のときは
幼児向けの本すら読めませんでした。

今では、興味のある分野の
英語のビジネス書は
数日で読み終わり、
仕事に活かせるようになりました。

ネットサーフィンをしていますと
読んだ後に英語だと
気づくこともあります。

英文を読んでからしばらくすると、
日本語で読んだのか英語で読んだのかすら
思い出せないこともよくあります。

日本語と変わらない感覚で
すらすらと読めるからです。

以前は全く英語が聞き取れませんでした。

しかし、語彙が12000になってから、
綺麗な英語は「あいうえお」と
同じぐらいはっきり聞こえる
ようになりました。

また、お気に入りの映画を
久しぶりに観てみたところ
90%聞き取れて驚きました。

最初は日本語字幕を出して観始めたのですが
最初の3分を観て「これはすごい!」と思い、
すぐに日本語字幕をはずして観ました。

なぜかというと、
字幕がある方が聞き取るときに
邪魔に感じたからです。

映画は、日本語で観たときとは違い
意味や感情、伝えたいことが
ダイレクトに頭に入ってきて
感動し涙が出てきました。

以前は何も感じなかった部分も、
キャラクターの本当に気持ちが分かるのです。

私は中高大学で英語を勉強し、
音読を3ヶ月間やり、
4ヶ月間フィリピン留学に行きました。

ですので、単語だけで
英語が聞き取れるようになった
とは言いません。

単語カードと音読などの相乗効果で
以前より英文が読めるようになり
英語が聞き取れるようになったと思います。

私は

「こんなに楽できるプログラムを
人にも使わせないのは罪なんじゃないか?」

と、思うようになりました。

そして、人様にお使いいただけるように
当単語カードを公開しました。

その後、ご利用者様から
以下のような感想が届いています。

  • アメリカでアメリカ人と共に行う仕事で
    活躍できるようになった。
    TOEICの点数が630点から800点になった。
  • アメリカ人と雑談ができるようになった。
  • アメリカの日常生活で困ることが明らかに減った。
    そのため英語学習のやる気が下がった。
  • 半年でTOEICの点数が670点から880点になった。
  • 半年でCASECにおいてTOEICで200点相当上がった。
    マレーシアの仕事において前よりスムーズに
    仕事の英文が読めるようになった。
  • センター試験において80〜90点だったが
    当単語カード使用後TOEICを受けたところ、
    センター試験において175点相当までアップ。

あなたの語彙を最小の労力で増やし
海外就職や海外移住などあなたの夢を実現するための
単語カードをあなたに提供できる事を
大変嬉しく思っております。

私達はこの単語カードを
最低20年間はシステムやデータを改善していき
あなたに親身になって本気でサポートしていきます。

あなたが信じてくれた以上に
あなたに尽くして結果を出してもらう事が
当然だと私は思います。

こちらの単語カードは、
海外就職、移住、留学、転職などを目指している
本気で英語を学びたい方向けです。

そのように本気で英語を学びたい方は
是非、こちらの単語カードを試してください。

あなたに結果を出すために私達は全力を尽くします。