第2節:自分を痛めつける英単語暗記法

新名美次しんみょうみつぐさんは
暗記カードを使い
40ヶ国語覚えました。(1)新名美次(1994).40ヶ国語習得法 株式会社講談社.

なぜ 暗記カードで
これほど効率的に
単語を覚えられるのでしょうか。

暗記カードというのは
「すべてが問題」です。

常に回答を求められ、
それには正解と不正解があります。

そして 僕たちは
不正解の時に記憶します。

脳機能学者である苫米地とまべち英人博士は
人が失敗を優先的に覚えることを
指摘しています。(2)苫米地英人(2012).「イヤな気持ち」を消す技術 フォレスト出版株式会社.等

僕たちが原始人だったころは
危険に囲まれて暮らしていました。

そういった状況で
生き延びるために
失敗を記憶するように
できてるんですね。

さて ここからが問題なのですが、
人によっては暗記カードで
ひどい苦痛を感じるようです。

その理由の一つは
なんども間違えるからです。

しかし この「苦しみ」こそが
効果ある訓練の特徴なのです。

ジョフ・コルヴァンは
音楽家やスポーツ選手など
一流と二流で何が違うのかを調べ
著書「究極の鍛錬」にまとめました。

どこに違いがあったかというと
行っている練習自体に
違いがあったのです。

二流は楽しく楽チンな練習ばかりを行い
一流は退屈で苦しい練習を行っていたのです。

そして この苦しい練習なのですが
コツがあります。

それは 一番エネルギーの満ちた
朝にやることです。

ボクシングチャンピオンの
辰吉丈一郎選手は
ボクシングを始めてからずっと
毎朝ジョギングをしているそうです。

辰吉選手によると
この毎朝のジョギングで
チャンピオンになったそうです。

はっきり言って
英単語暗記なんて
世界チャンピオンの練習と比べれば
大した苦労ではないと思います。

しかし「楽したい」という
気持ちで向かうと
ちょっとした苦労で
くじけてしまうんです。

一方「苦しい方が効果がある」と思えば
多少の苦労も乗り越えられるんです。

むしろ さほど苦しいと思わなくなり、
充足感や楽しさを
見出すようになります。

ラクしたいのか、
それとも成長のために
覚悟ができているのか。

これが できる人 と できない人の
違いではないでしょうか。

…..

さて、ところで語彙といっても
2種類あります。

そして この2種類は
それぞれ勉強法を分ける必要があります。

次回 こちらについてお話しします。

脚注、引用・参照文献   [ + ]

1. 新名美次(1994).40ヶ国語習得法 株式会社講談社.
2. 苫米地英人(2012).「イヤな気持ち」を消す技術 フォレスト出版株式会社.等