第7話:英語が聞き取れて通じる秘密

突然ですが、
”cocoa”の発音わかりますか?

“ココア”って思いますよね?

・・・

これ実は“コゥコゥ”が正しい発音です。

実は英語は特殊な言語であり
スペルと発音が一致しません。

例えば、以下の単語のうち
いくつを読めますか?

  • bourgeois
  • jojoba
  • lingerie
  • corps

私達の99%は
全て単語を読めないと思います。

英単語の発音は
暗記しない限り知ることはできません。

しかし、日本人は
スペルを見て音を推測してしまいます。

cocoaを見たら
反射的に「はいはい、ココアね」と
思ってしまいます。

しかし、英単語の音を推測して
かけ離れた音で英単語を覚えてしまうと
聞き取れないし、話しても通じません。

例えば、“cocoa”を“ココア”で覚えていたら
“コゥコゥ”と聞いても
それが何なのかが分かりません。

また、”cocoa”を
“ココア!”とネイティブに言っても通じないのです。

仮に何百時間使って英単語を覚えても
正しい発音を覚えていないのであれば
聞いてもわからないし、言っても通じません。

そして、これが、日本人が
英語が聞こえなくて、英語が通じない
本当の理由なのです。

さらに言うと、
単語の正しい発音を覚えていないと
英語を読んだときに
間違った発音を頭で響かせてしまいます。

例えば、”cocoa”を読んだら
頭の中で「ココア」と響かせてしまいます。

こんなことをやっていると
英語を読めば読むほど間違った英語を
強く記憶してしまいます。

そして、努力すればするほど
英語が聞こえず、通じなくなるのです。

逆に、英語の正しい発音を覚えると
英語が聞こえるようになり、通じるようになります。

例えば、あなたが
「コゥコゥ=ココア」と覚えているとします。

そしたら、コゥコゥと聞けば、
ココアの事だと分かります。

また、ココアと伝えたければ
コゥコゥと発音し
ネイティブにも伝わります。

英単語の発音さえ覚えれば
英語は聞けるし通じるし
全てが解決するんです。

…..

次回は、7ヶ国語話者の日系アメリカ人が教えてくれた
特殊な英単語暗記法についてお話しします。