第4話:「翻訳はいけない!」は本当か?

“日本語と英語を翻訳するから話せないんだ!
だから、英語は英語だけで覚えろ!”

という話を聞いたことがありますか?

私自身は、多言語話者を調べてみて
「外国語で外国語を覚えた人」は
一人もいませんでした。

全員が全員、学習初期は
母国語と外国語を対にして覚えたりしています。

例えば、僕の先生である7ヶ国語話者の日系アメリカ人は
まず覚えたい言語の単語カードを買います。

そして、それで覚えた単語を使い
女性に話しかけ仲良くなります。

そして現地の女性と
一緒に暮らしながら
その言語をマスターしてしまいます。

彼が海外に持っていくのは
単語カードだけです。

他にも、新名美次(しんみょう・みつぐ)さんは 
日本語と外国語が裏表に書かれた単語カードを作り
それで40ヶ国語をマスターしました。 

ティモシー・フェリスさんも8ヶ国語話せますが
市販の単語カードを買っています。

ちなみに、彼らの使う単語カードには
例文がありません。

巷の常識とは180度逆です。

私は、多言語話者のような
圧倒的な成果を出している人を真似た方が得だと思うので
彼らを真似して例文無しのカードを使い12000語覚えました。

しかし、こんな経験はありませんか?

英語を話しているときに
日本語で考え始めてしまって
気付けばパニックになる・・・

そうすると、僕達は

「日本語で物事を考えるからダメなんだ・・・」

「日本語から英語に翻訳しようとする事がダメなんだ・・・」

などと考え始め、遂には
英語だけで英語を学ぶというコンセプトを信じ始めます。

しかし、実は
翻訳したり日本語で考える事は
全く悪くないのです。

これは、僕の先生である
7ヶ国語話者の日系アメリカ人の方から教わったのですが、

————————————–

実は、素早く翻訳する訓練が足りないのです・・・

————————————–

例えば、40ヶ国語操る新名(しんみょう)さんは
単語暗記について以下のように話しています。

反射的に単語の意味が口から出るようになるまで

繰り返さなければならない。

新名美次(1994) 40ヶ国語習得法

 

そうです。「その単語を知っている」というレベルではダメなのです。

0.1秒で、日本語から英語に翻訳できるぐらいまで
カードを使い何度も訓練するのです。

そうすれば、日本語で考えようが、翻訳しようが
素早く英語を話せるようになるのです。

気付いたころには、
翻訳せずとも英語で話せるようになります。

「0.1秒で翻訳するなんてそんなの無理だよ!!」

という声が聞こえてきそうです。

例えば、パソコンのキーボードを覚え始めの頃は
何のキーがどこにあるのかさえ分からず
パニックになったり遅くてイライラしましたよね。

しかし今では、タイピングゲームなどで訓練した事で
何も考えずに素早くブライドタッチできますよね。

英語というのは
このキーボードと同じなのです。

英語も最初は思い出せなくてパニックになりますが
反射的に思い出す訓練をすれば
素早く、読めて聞けて話せるようになるのです。

そして、気付けば
翻訳せずとも聞けて話せるようになります。

僕達はついつい「知ること」に時間をかけすぎて
「訓練すること」に時間を割きません。

しかし、実は、「知ること」に1時間費やしたとしたら
「訓練する事」には100時間は費やさないといけないのです。

イチローが

「俺バットの振り方知ったから、
もう練習しなくていいや」

などと言わないですよね。

バットの振り方を知っても
毎日ひたすら訓練を繰り返しますよね。

ここまで聞いて

「あ~~!でも訓練はやだ!」

という人がいるかもしれませんが
あなたが思うより訓練は簡単かつ短時間で済むのです。

例えば、1つの単語の意味が反射的に分かるには
1単語につき1分訓練すればできるようになります。

僕自身は、7ヶ月で12000の単語の意味が
反射的に出るようになりました。

今では、洋書も読み、
ドラマも英語で観ますが
気付けば翻訳せずとも
読んだり聞いたりできるようになっています。

“訓練”と聞くと、スパルタ的なものを
イメージするかもしれませんが
スポーツや楽器の訓練のように楽しいですよ。

あなたも、部活か何かで、スポーツや楽器の練習を楽しみ
そして、結果を出したときの感動を味わった事がありますよね。

このように、訓練すれば訓練するほど
どんどん英語が分かるようになる過程は感無量です。

とにかく今日は、10単語でもいいので
暗記カードを作ってみて
反射的に意味が出るようになるまで
訓練してみてください。

その単語を読んだり聞いたときは
一瞬で意味が出るどころか、
翻訳すら必要のないことに気付きます。

また、会話を重視したい人は
日本語を見たら、英単語を素早く声に出して言う事を
訓練してみてください。

その単語を完全に使いこなせるようになります。

以上のような事を、毎日淡々とやれば
聞いたり読んだりする事はとても簡単なのです。

そして、あなたが、「彼女と海外移住したい」
「外資就職して高給取りになりたい」
「英語に関わる仕事がしたい」などの目標があれば
訓練により、そういった目標も簡単に思えるようになります。

まずは今日は
10枚の暗記カードを試しに作ってみてください。

…..

次回は留学先で目撃した
英語学習の失敗例についてお話します。