第14話:最も楽に単語が記憶されるタイミング

一度覚えた単語を忘れていると
すごくがっかりしませんか?

自分の記憶力に自信を失いますよね。そして 最後には
「私は記憶に向いてない」とか言って
勉強を止めたりしませんか?

私も、少し前まで同じように思っていました。

しかし、記憶のメカニズムを知ってしまえば
これまで記憶できなかったのは
あなたのせいではないと気づきます。

そして、どうすれば
楽して100%記憶できるかが明らかになります。

少し、科学的な話になりますが
あなたの人生を変える話ですので
しっかり読んでくださいね。

 

4301473_orig

私達は、一度覚えても、
20分経てば4割忘れます。
そして、翌日には8割忘れます。

忘れるのは当然なことなのです。

もし、単語を忘れたとしても、
絶対に自分を責めないで下さい。

なぜ、多くの人が英単語暗記で挫折するかというと
単語を忘れる度に自分を責めているからです。

しかし実は、一度覚えたことを忘れるのは
誰でも当然な事なのです。

 

5850_orig

上の図は、復習すればするほど
忘れづらくなることを示しています。

そして、何度も復習すると
完全に記憶してしまいます。

つまり、何度も見ていれば だんだん忘れづらくなり
ついには、完全に記憶してしまうのです。

そして、復習には次のような特徴があります。

■復習3つの特徴

× 復習が早すぎる ⇒ 復習は楽だが、記憶に定着しない
× 復習が遅すぎる ⇒ 完全に忘れてしまい、復習がストレスになる
◎ ギリギリ思い出せるタイミング  ⇒ 楽に記憶できる!

 

復習が早すぎても意味が無いし、
復習が遅すぎると思い出すのが大変なのです。

そして、最もラクして覚えられるのは
忘れそうなタイミングに復習することなのです。

では、どのようなタイミングに記憶すればよいかというと

1日後、2日後、4日後、8日後、16日後、32日後

に復習すれば ラクして記憶することができるのです。

そして、合計15回接するだけで
1単語の意味を記憶することができます。

……

次回は語彙が勝手に増えていく話をします。